Q&A(よくあるご質問)

概要

Q

適合義務・適合性判定制度と、届出義務制度・説明義務制度との違いを教えて欲しい。 (※2021年3月までは非住宅部分が2,000㎡以上が対象)

回答をみる 回答をとじる
A

・適合義務制度、届出義務制度、説明義務制度は、適用される手続き等が異なります。
・適合義務制度については、省エネ適合性判定、建築確認、完了検査の手続きが必要であり、基準に適合していない場合は、着工することや建物を使用することができません。違反した場合も所管行政庁からの違反是正の命令や罰則があります。対象は非住宅部分が300㎡以上(※)の建築物であり、非住宅用の標準入力法やモデル建物法により計算を行います。なお、住宅部分については適合義務の対象外となります。
・届出義務制度については、着工21日前までに所管行政庁への届出が必要です(今般の改正により、住宅性能表示やBELSなどの民間審査機関の審査結果を添付する場合は、着工3日前までの届出が可能となりました)。基準に適合せず所管行政庁が必要と認める場合には、計画の変更指示、命令等があります。また、届出義務違反や命令違反には罰則があります。対象は適合義務対象となる建築物を除く、300㎡以上の建築物であり、住宅部分については、住宅用の標準計算法やフロア入力法等により計算を行います。
・説明義務制度については、設計に際し、建築士から建築主に書面で省エネ基準への適否等の説明を行うことが必要です(行政手続きは不要です。)。これらの書面を建築士事務所に保存していなかった場合は、建築士法に基づく処分の対象となることがあります。対象は300㎡未満の住宅や非住宅建築物であり、住宅については住宅用の標準計算法やモデル住宅法、非住宅建築物については、標準入力法、モデル建物法、小規模版モデル建物法により計算を行います。

規制対象規模・範囲

Q

300㎡未満の新築建築物等については、従来通り規制対象外か。 

回答をみる 回答をとじる
A

300㎡未満の住宅及び非住宅建築物に係る新築、増改築等は、適合義務や届出義務の手続きは不要ですが、今般新たに創設された説明義務制度の対象となります。行政手続きは不要ですが、建築士から建築主に対し、省エネ基準への適否等を説明する必要があります。
なお、これらとは別に、注文住宅、賃貸青パート、建売戸建住宅を一定の規模以上供給する住宅事業者については、住宅トップランナー制度の規制対象となります。

Q

複数棟の建設計画の場合、各棟はそれぞれ300㎡未満で、全棟の計画全体として300㎡を超える場合、適合義務制度や届出義務制度の対象となるか。

回答をみる 回答をとじる
A

同一敷地内に複数棟が同時に新築される場合、別棟の場合は、それぞれ別の新築建築物(別申請)として扱います。ご質問の例ですと、適合義務制度や届出義務制度の対象外であり、各棟それぞれが説明義務制度の対象になるものと考えられます。

Q

床面積が300㎡以上の住宅部分を含む特定建築物の省エネ適合性判定において、省エネ適合性判定を登録省エネ判定機関で行い、住宅部分を所管行政庁に届出することは可能か。

回答をみる 回答をとじる
A

省エネ適合性判定も含め全て①所管行政庁に提出するか、②登録省エネ判定機関へ省エネ適合性判定の申請を行い、住宅部分は機関経由で所管行政庁に送付するかのいずれかとなります。

Q

開放性のある渡り廊下部分で接続されており、建築基準法上、一の建築物である場合、渡り廊下部分で接続されたそれぞれの部分を別の建築物と見なして計算してもよいか。

回答をみる 回答をとじる
A

建築基準法上、一の建築物であれば、それぞれの部分を別の建築物と見なして計算することはできません。

Q

適合性判定を受けた建築物が、完了検査前に、高い開放性を有する部分を除いた床面積が300㎡未満になった場合、新たに、所管行政庁に届出を行う必要があるか。

回答をみる 回答をとじる
A

貴見の通りです。適合性判定は特定建築行為をしようとするときに、届出は法第19条第1項各号に掲げる建築行為をしようとするときに、それぞれ必要な手続きです。これらの手続きが変わるような面積の増減があった場合には、計画変更時点を「建築行為をしようとするとき」とみなして、変更後の面積に応じた手続きを行うこととなります。

このため、質問の場合は、施行規則 様式第二十二、添付図書及び適合判定通知書の写しをもって所管行政庁へ届出を行うこととなります。この際、当初は適合性判定を受けており、面積の変更により届出に切り替えている旨を記載してください。

Q

建築基準法上、床面積に算入されない部分を有する室に対し、高い開放性を有するかどうかを判定する場合、対象とする床面積は以下のいずれでしょうか。
①建築基準法上床面積に算入される部分のみを対象とする。
②建築基準法上床面積に算入されない部分を含めた全体を対象とする。

回答をみる 回答をとじる
A

①です。適合性判定の要否は建築基準法の床面積をベースに高い開放性のある部分を除いた面積で判断するためです。建築基準法上の面積に対し、1/20以上の開放性があることを確認することで支障ありません。

Q

所管行政庁に届出を行った建築物が、完了検査前に、高い開放性を有する部分を除いた床面積が300㎡以上になった場合、新たに適合性判定を行う必要があるのか。

回答をみる 回答をとじる
A

貴見の通りです。適合性判定は特定建築行為をしようとするときに、届出は法第19条第1項各号に掲げる建築行為をしようとするときに、それぞれ必要な手続きです。これらの手続きが変わるような面積の増減があった場合には、計画変更時点を「建築行為をしようとするとき」とみなして、変更後の面積に応じた手続きを行うこととなります。

質問のような場合は、建築基準法上の計画変更に該当するか否かで、以下のように手続きが異なることとなります。
・建築基準法上「軽微な変更」である場合
①所管行政庁に計画変更により適合性判定の対象になった旨を報告。
②当該工事の着手前に、所管行政庁等に省エネ計画書を提出する。
③完了検査時に、建築主事等に軽微な変更の内容を報告する(適合性判定の対象になった旨を明記すること)とともに、適合判定通知書を提出する。

・建築基準法上の「計画変更」である場合
①所管行政庁に計画変更により適合性判定の対象になった旨を報告。
② 所管行政庁等に省エネ計画書を提出する。
③ 適合判定通知書を建築主事等へ提出する。
④ 確認済証(計画変更)を受領する。

Q

建築確認を要しない地域(都市計画区域外など)に建築する場合でも、適合義務制度や届出義務制度、説明義務制度の対象となるのか。

回答をみる 回答をとじる
A

建築確認の要否によらず、建築物の規模、用途に応じて適合義務制度、届出義務制度、説明義務制度の対象となります。

適用除外

Q

当該建築物の確認申請書 第四面【2.用途】欄が、施行令第7条第1項第一号の複数の用途のみである場合、適用除外建築物としてよいか。
例:自動車車庫と自転車駐車場 自転車駐車場と公共用歩廊

回答をみる 回答をとじる
A

貴見の通りです。

Q

当該建築物の確認申請書 第四面【2.用途】欄が、施行令第7条第1項第二号の複数の用途のみである場合、適用除外建築物としてよいか。(ただし、「壁を有しないことその他の高い開放性を有するものとして国土交通大臣が定めるもの」に該当する場合とする。)
例:スケート場と水泳場 観覧場とスポーツの練習場

回答をみる 回答をとじる
A

貴見の通りです。

Q

当該建築物の確認申請書 第四面【2.用途】欄が、施行令第7条第1項第一号及び第二号の複数の用途のみである場合、適用除外建築物としてよいか。(ただし、第二号の用途の部分については、「壁を有しないことその他の高い開放性を有するものとして国土交通大臣が定めるもの」に該当する場合とする。)
例:自転車駐車場(第一号)とスポーツの練習場(第二号)

回答をみる 回答をとじる
A

適用除外建築物とはなりません。この場合、高い開放性を有する部分(スポーツの練習場の部分)の床面積を除いた面積が規制対象規模となるかどうかを判断していただくこととなります。

Q

平成29年3月15日付け国住建環第21号、国住指第4190号における「1.⑶規制措置の適用除外となる建築物について」で示されている用途については、空調設備が設置されている場合であっても適用除外としてよいか。

回答をみる 回答をとじる
A

当該用途は、その用途の特性から空気調和設備を設ける蓋然性が低い用途として例示されているものであるため、適用除外として取り扱って差し支えない。(詳細については以下を参照)

https://www2.hyoukakyoukai.or.jp/uc/files/shouene/besshi2.pdf

Q

住宅用途と適用除外となる非住宅用途との複合建築物は、適用除外建築物と解して良いか。

回答をみる 回答をとじる
A

適用除外とはなりません。

確認申請・省エネ適判

Q

建築主事又は指定確認検査機関は、(完了検査時だけでなく、)確認申請時も省エネ基準に適合しているかの審査を行うのか。

回答をみる 回答をとじる
A

建築主事又は指定確認検査機関は、確認申請時においては、所管行政庁又は登録省エネ判定機関が実施する省エネ適合性判定において省エネ基準への適合(計算内容の妥当性等)が確認されていることについて、添付された省エネ適合判定通知書により確認すること等により、建築基準関係規定(建築物省エネ法第11条)に適合していることを確認することとなります。このため、改めて省エネ基準への適合を確認する必要はなく、省エネ適合性判定を受けた建築物の計画と建築確認申請が出された建築物の計画が同一のものであることの確認を行うこととなります。

Q

計画書(様式)、省エネ計算書、省エネ基準に関する設計図書の作成者は、建物の規模に応じた建築士の資格が必要か。また、省エネ計算書、省エネに関する設計図書には建築士の押印は必要か。

回答をみる 回答をとじる
A

計画書(様式)、省エネ計算書については、「設計図書」に該当しないため、その作成にあたり資格は不要です。
一方で、省エネ基準に関する設計図書の作成については、建築物の規模に応じ、建築士の資格が必要となります。
省エネ計算書、省エネ基準に関する設計図書など省エネ適合性判定に要する図書には、設計者の記名・押印が必要となります。

Q

1つの確認申請に、適合義務対象建築物が複数ある場合は対象建築物の数だけ省エネ適合判定通知書が必要か。

回答をみる 回答をとじる
A

適合義務対象建築物ごとに省エネ適合判定通知書が必要となります。

Q

建築確認申請と省エネ適合性判定を同一機関に申請する(ワンストップ申請)場合、確認申請図書と省エネ適合性判定図書の兼用は可能か。

回答をみる 回答をとじる
A

確認申請図書と省エネ適合性判定図書の兼用はできません。

Q

省エネ適合性判定の審査期間はどれぐらいか。

回答をみる 回答をとじる
A

省エネ基準適合性判定申請書を受理してから原則として14日以内となります。所管行政庁は、省エネ適合性判定の結果を通知できない合理的な理由があるときは、28日の範囲内で審査期間を延長することができます。

Q

省エネ計画書の提出を受け14日以内に質疑を送った場合、その回答に要する日数は延長期間の日数に含まれるのか。

回答をみる 回答をとじる
A

含まれます。

Q

前項について、回答が延長期間の終わり際で返って来た場合は、残りの期間で審査する必要があると考えて良いか。また、延長期間を過ぎても回答が返って来ない、又は、訂正が完了しない(適合か不明)場合の取り扱いはどうなるか。

回答をみる 回答をとじる
A

期限を過ぎても判定できない場合には、「判定できない旨の通知書」を交付することとなります。その際、所管行政庁又は登録省エネ判定機関自らの判断により期限を定めて添付図書の補正又は追加説明書の提出を求め、適合性判定を継続することは可能となります。

Q

所管行政庁が省エネ適合性判定の全部を登録省エネ判定機関に行わせるとした場合について、建築主、国等は登録省エネ判定機関、所管行政庁どちらにも省エネ適合性判定を申請することができるのか。

回答をみる 回答をとじる
A

できます。なお、構造適合性判定とは異なり、所管行政庁は、省エネ適合性判定の業務を登録省エネ判定機関に行わせるとした場合にも、省エネ適合性判定の業務を行う必要があります。この場合、建築主は、所管行政庁と登録省エネ判定機関のどちらに対しても省エネ適合性判定の申請を行うことができます。(建築確認において、申請者は、建築主事又は指定確認検査機関のいずれも申請可能であることと同様。)所管行政庁に申請があれば、所管行政庁において省エネ適合性判定を行うことを想定しています。

Q

所管行政庁が登録省エネ判定機関に省エネ適合性判定の全部又は一部を行わせる場合に、どのような手続きが必要となるのか。特定の機関を指定することはできるのか。

回答をみる 回答をとじる
A

手続きは、施行規則において、登録省エネ判定機関に判定を行わせる旨の公示等をする必要があります。なお、特定の機関に限って省エネ適合性判定を行わせるなど、機関を指定することはできません。

Q

計画書の添付図書で、設計者の記名、押印が必要となる設計図書以外の各種計算書については、確認申請での取り扱いに準じて、第一面又は表紙に記名押印をおこなえばよいか。

回答をみる 回答をとじる
A

貴見のとおりです。

Q

計画書に添付する設計図書への記名押印を行う設計者は、当該図書に係る全ての設計者とする必要があるか。 また、確認申請において設備設計一級建築士の関与等が必要となる場合、記名押印が必要か。

回答をみる 回答をとじる
A

設計図書に記名押印する設計者は、設計を行った建築士であることが必要です。
ある設計図書の設計者が複数いるような場合、例えば、代表となる設計者が「全ての設計図書」を作成、他の設計者が「××の設計図書」を作成している場合、「××の設計図書」に関しては、いずれかの設計者の記名押印があれば差し支えありません。
また、確認申請において設備設計一級建築士の関与が必要である場合であっても、設計図書への記名押印は不要です。

Q

建築基準法上、別棟扱いとなっている場合は、計画書 第三面の【3.建築面積】【4.延べ面積】は、棟単位と敷地単位いずれの面積とすべきか。

回答をみる 回答をとじる
A

計画書 第三面の【3.建築面積】【4.延べ面積】は、棟単位の数値を記載することを基本とします。
建築面積等について、敷地単位の数値を記載する場合は、審査の円滑化のため備考欄などにその旨記載してください。

Q

計画書 第五面【3.基準省令附則第3条の適用の有無】について、計画に係る建築物の新築工事の竣工年月日は、どのような書類で判断を行えばよいか。

回答をみる 回答をとじる
A

新築工事の竣工年月日は、建築物がある時点で存在してることがわかる書類(検査済証、登記簿謄本等)で判断を行います。敷地内に複数棟が存在している場合等で、前述の書類のみでは適判対象となっている建築物の竣工日が確認できない場合は、確認申請書、完了検査申請書等を補足的に用いて、当該建築物の竣工日を判断することが可能です。

Q

適合性判定において、建材・設備の仕様等(JIS規格等)については、設計図書に明示等することとなっているが、自己適合宣言書等の性能確認書類の提出は不要となるのか。

回答をみる 回答をとじる
A

貴見のとおりです。設計図書には、省エネ基準に係る建材・設備の仕様等の明示が必要となりますが、性能を特定するための書類の提出は不要です。
ただし、工事監理・完了検査において、設計図書に明示されたとおり工事が実施されていることの確認・検査が行われることとなるため、建材・設備の納入仕様書及び自己適合宣言書等の性能証明書類が必要となります。

Q

建築物省エネ法に基づき、省エネ計画に添える床面積求積図の明示は、建築物の各部分の寸法の明示を省いて、CADで求積した数値の記載のみの明示でよいか。

回答をみる 回答をとじる
A

CAD・BIMによる求積も可能ですが、省エネ計画に添付する求積図は、各部分の最低限の寸法の明示が必要となります。

Q

対象建築物又は敷地が2つの所管行政庁の管轄区域にまたがる場合は、確認申請と同様に、敷地の過半が属する所管行政庁に申請を行ってよいか。

回答をみる 回答をとじる
A

貴見の通りです。

Q

対象建築物又は敷地が2つの地域の区分にまたがる場合、確認申請と同様に、敷地の過半が属する地域の区分で計算を行なってよいか。

回答をみる 回答をとじる
A

貴見の通りです。

確認申請・省エネ適判、複合建築物

Q

適判対象となる複合建築物について、住宅部分の規模が300㎡以上の場合(法第15条第3項)に、登録省エネ判定機関から所管行政庁に送付される書類の具体的内容は何か。

回答をみる 回答をとじる
A

送付を行う書類は、計画書の正本全体の写しに加え、住宅に係る部分の添付図書の正本及び副本となります。

Q

適判対象となる複合建築物について、住宅部分の規模が300㎡以上の場合(法第15条第3項)に、登録省エネ判定機関から所管行政庁に送付される計画の写しにおいて、所管行政庁と登録判定機関の意見が異なる場合はどうなるのか。

回答をみる 回答をとじる
A

省エネ適合性判定の対象は非住宅部分のみです。第15条第3項の規定により登録省エネ判定機関に申請された場合においては、非住宅部分については登録省エネ判定機関が、住宅部分については計画の写しを送付された所管行政庁が審査を行うことになります。

Q

適判対象となる複合建築物について、住宅部分の規模が300㎡以上の場合(法第15条第3項)に、住宅部分が省エネ基準に適合していなくても、非住宅部分が省エネ基準に適合していれば、省エネ適合判定通知書、確認済証、検査済証は交付されるのか。

回答をみる 回答をとじる
A

ご指摘のとおりです。ただし、住宅部分の規模が300㎡以上で、住宅部分の省エネ計画が省エネ基準に適合していない場合、所管行政庁は当該省エネ計画の変更の指示・命令等を行うことができます。

Q

住宅部分の規模が300㎡未満の適判対象となる複合建築物について、登録省エネ判定機関に省エネ適判を申請する場合は、申請時に住宅部分の省エネ計画や省エネ計算結果の添付は不要と考えて良いか。

回答をみる 回答をとじる
A

貴見のとおりです。

Q

非住宅部分と住宅部分を持つ複合建築物は、建築物全体としてどのようにエネルギー消費性能基準の基準適合判断をするのか。

回答をみる 回答をとじる
A

複合建築物の省エネ性能の計算においては、非住宅部分を非住宅の計算方法で計算し、住宅部分を住宅の計算方法で計算し、それぞれが基準に適合していることを判断します。なお、住宅の共用部については、(今般の基準改正による評価省略をしない場合は、)非住宅の計算方法で計算する必要がありますが、当該部分についてはモデル建物法は活用できず、標準入力法による計算が必要です。
また、適合義務制度の対象となる建築行為(特定建築行為)以外の場合は、非住宅部分と住宅部分をそれぞれの計算方法で計算し、一次エネルギー消費量について合算したものが基準に適合していること、かつ、外皮性能について住宅部分が基準に適合していることでも基準適合を判断できます。
なお、BELSにおいては、一次エネルギー消費量について非住宅部分と住宅部分を合算したものが基準に適合していることと、住宅部分の外皮性能が基準に適合していることを前提として、表示マークで表示する各水準への適合を判断しています。
詳細については、一般社団法人住宅性能評価・表示協会のホームページをご確認ください。

Q

非住宅部分と住宅部分を持つ複合建築物の場合、一次エネルギー消費量の計算は、住宅と非住宅で合算して適合を判断してよいという基準があるが、特定建築行為に係る建築物については、基準省令・告示上は、非住宅部分と住宅部分は別々の建物とみなして別々に計算して、それぞれ基準適合させなければならないという理解でよいか。

回答をみる 回答をとじる
A

貴見の通りです。

Q

適合性判定において、300㎡以上の住宅部分が含まれる場合、建築物省エネ法第15条に基づき登録省エネ判定機関は計画書の写し等を「遅滞なく」所管行政庁に送付することとなるが、この場合は、建築物省エネ法第19条の「工事着手21日前」は適用されないということで良いか。

回答をみる 回答をとじる
A

貴見の通りです。

Q

適合性判定において、300㎡以上の住宅部分が含まれる場合、住宅部分については、建築物省エネ法第16条第1項により、工事着手前まで所管行政庁が指示を行なうことができるとされているが、この工事着手日とは計画書 第三面の工事着手予定日と解して良いか。

回答をみる 回答をとじる
A

貴見の通りです。工事着手日とは、実務上、計画書第三面の「工事着手予定年月日」で判断することとなります。
このため、確認済証が想定より早期に交付される等により工事着手日が上記「工事着手予定年月日」より前倒しになった場合、行政庁・申請者間で状況を共有し、指示の要否を確認することが望まれます。なお、このような問題が発生しないよう、登録省エネ判定機関・申請者間の適合性判定に係る事前相談とあわせ、所管行政庁・申請者間で住宅部分に係る事前相談を行い、確認済証の交付までに指示の要否を確認しておくことがより望まれます。

完了検査

Q

適合義務がかかる特定建築行為に係る計画については、完了検査において建築物エネルギー消費性能基準に適合していない場合、建築基準関係規定に適合しないものとして、検査済証が交付されないこととなるのか。

回答をみる 回答をとじる
A

貴見のとおりです。

Q

どういったケースに完了検査が下りないのか。

回答をみる 回答をとじる
A

適合性判定を受けた計画通りに施工されていることが確認できない場合、検査済証が交付されません。例えば、以下のようなケースが考えられます。 ・完了検査申請書や必要な添付書類(特定行政庁が定める工事監理関連図書等)が揃っていない ・計画変更が必要だが、実施されていない ・軽微変更説明書が添付されていない ・軽微変更説明書が添付されているが、そもそもルートA・ルートBに該当しない変更内容となっている ・省エネ適判図書等と断熱材の仕様・厚さ・設置状況等が異なる ・省エネ適判図書等と設備の仕様・能力・台数等が異なる 等

Q

低炭素建築物の認定や大臣認定を受けた建築物などは、建築基準法の完了検査時に指定確認検査機関等の検査で、当該認定にかかる部分の検査を行うのか。

回答をみる 回答をとじる
A

当該認定を受けた建築物が特定建築行為に該当するものであれば、完了検査で省エネ基準への適合性をチェックすることとなります。完了検査申請時に省エネ適合性判定に要した図書に替えて、低炭素建築物の認定申請に要した書類や大臣認定書等の提出を行い、同様の検査を行うこととなります。

Q

完了検査は誰が行うのか。(登録省エネ判定機関が実施することは可能か。)

回答をみる 回答をとじる
A

完了検査は、工事現場において、工事が審査に要した図書等のとおりに実施されたものであるかを確かめるものであり、建築基準法と建築物省エネ法をまとめて検査する方が手続きとして合理的であることことから、建築主事又は指定確認検査機関が行うこととしています。なお、申請者側の利便性の観点からも、省エネ適合性判定と確認検査の手続きを同一の審査機関がワンストップで行うことも想定されます(省エネ適合性判定を行う登録省エネ判定機関と建築確認及び完了検査を行う指定確認検査機関が同一の機関であることを許容しています)

Q

適合義務対象建築物の完了検査を実施する者は、確認検査員で良いのか。もしくは、省エネ適合判定員の資格を有する必要があるのか。

回答をみる 回答をとじる
A

建築基準法に基づき完了検査を実施するため、建築主事または指定確認検査機関になります。よって、建築基準適合判定資格者(確認検査員)が実施することになり、省エネ適合判定員の資格は必ずしも必要ではありません。

Q

完了検査について、具体的に知りたい。工事が設計図書等のとおりに実施されているか、工事監理の実施状況の確認や目視等により検査を行うのか。

回答をみる 回答をとじる
A

完了検査では、省エネ適判に要した図書どおりに施工されていることについて、省エネ基準工事監理報告書等による工事監理の実施状況の確認のほか、必要に応じて、設備機器に記載の型番と納入仕様書の型番の照合等の現地検査を行います。完了検査の詳細の内容については、「省エネ基準適合義務対象建築物に係る完了検査マニュアル」(編集:日本建築行政会議)をご確認下さい。
https://www.hyoukakyoukai.or.jp/shouene_tekihan/pdf/kanryou.pdf

完了検査、計画変更・軽微変更

Q

計画変更に係る確認申請や建築基準法上の軽微な変更があった場合、登録省エネ判定機関とのやり取りはどうなるのか。

回答をみる 回答をとじる
A

非住宅部分の変更が省エネ計画の計画変更に該当する場合は、再度の省エネ適合性判定が必要です(建築物省エネ法の軽微な変更に該当する場合は、再度の省エネ適合性判定は不要。)。建築物省エネ法における軽微な変更に該当するかどうかは、完了検査時に添付する軽微な変更説明書等で建築主事又は指定確認検査機関がチェックすることになります。軽微な変更に該当しないにもかかわらず、計画変更後の省エネ適合判定通知書が添付されていない場合は、申請者に登録省エネ判定機関の省エネ適合性判定を再度受けてもらう必要があります。

Q

確認済証交付後の工事中に延べ床面積が増となり、非住宅部分の面積が300㎡(※)以上となった場合は、計画変更に係る確認申請に合わせて、省エネ適合性判定を受けることでよいか。(※2021年3月までは非住宅部分が2,000㎡以上が対象)

回答をみる 回答をとじる
A

貴見のとおりです。

Q

ある設備が設置されている計画で省エネ適合判定通知書が出ている場合で、その後の完了検査時に当該設備が無い場合は、省エネ計画に係る計画変更もしくは建築物省エネ法上の軽微な変更が必要か。

回答をみる 回答をとじる
A

完了検査では、施工された建築物と省エネ適合性判定時の設計図書との照合をすることとなります。したがって、省エネ適合性判定時の設計図書において設置することとされていた計算対象設備が設置されない場合には、内容に応じて省エネ計画の計画変更もしくは建築物省エネ法上の軽微な変更の手続きを行う必要があります。

Q

省エネ適合性判定の内容に変更が生じた際、当該工事の何日前までの計画変更手続きが必要か。性能向上計画認定制度や基準適合認定制度においても、同様の手続きが必要か。

回答をみる 回答をとじる
A

法第12条第2項で計画の変更の場合は工事に着手する前に所管行政庁又は登録省エネ判定機関へ変更後の省エネ計画書の提出が必要となります。また、性能向上計画認定は変更の手続きがありますが、認定表示は既存建築物を対象としており、変更の手続きはありません。

Q

軽微な変更とは、具体的にどういったものが対象となるか。

回答をみる 回答をとじる
A

以下のいずれかに該当する省エネ計画の変更が対象となります。具体的には、説明会テキスト等をご確認ください。
A)建築物のエネルギー消費性能を向上させる変更
B)一定以上のエネルギー消費性能を有する建築物(基準値に対し10%以上余裕度のある建築物)について、一定の範囲内でエネルギー消費性能を低下させる変更
C)建築物エネルギー消費性能に係る計算により、省エネ基準に適合することが明らかな変更
ルートA・ルートBについては、完了検査時に軽微な変更説明書が、ルートCについては、完了検査時に軽微な変更説明書に軽微変更該当証明書(登録省エネ判定機関等が発行)を添付することが必要となります。

Q

軽微な変更ルートBの場合の例について、空調、換気、照明等の変更が複数又は全て変更があっても、各設備がそれぞれの軽微な変更の定める範囲に該当していれば、建築物省エネ法上の軽微な変更に該当するか。

回答をみる 回答をとじる
A

貴見のとおりです。各設備について、軽微な変更の定める範囲に該当していれば「建築物省エネ法上の軽微な変更」扱いとなります。

Q

軽微な変更ルートBでは、「平均熱貫流率の5%を超えない増加」等の文言があるが、これは5%までは性能値が悪化しても、それを容認するということか。

回答をみる 回答をとじる
A

軽微な変更のルートBは、基準に対し10%以上余裕度のある建築物について、一定の省エネ性能の低下する変更を軽微な変更として許容するものです。

Q

「空気調和設備の新たな設置」や「空気調和設備における熱源機種の変更」、例えば、非空調室が空調室になって室内機が新設される場合や熱源機種の変更によって、モデル建物法における主たる熱源機種が変更される場合も計画の根本的な変更に該当するのか。

回答をみる 回答をとじる
A

「空気調和設備の新たな設置」や「空気調和設備における熱源機種の変更」は計画の根本的な変更には該当せず、軽微な変更としてルートCの適用が可能です。

Q

ルートBについて、例えば空調設備において「次の(イ)又は(ロ)のいずれかに該当し、これ以外の事項についてエネルギー消費性能が低下しない変更」とあるが、「これ以外の事項についてエネルギー消費性能が低下しない変更」とは、具体的にどの様なことを指すのか。開口部の大きさが変更となれば、すべからくルートC扱いとなるのか。

回答をみる 回答をとじる
A

ご指摘のような、開口部の大きさの変更等が該当します。貴見のとおり、開口部の大きさの変更等はルートC扱いとなります。

Q

床面積が300㎡以上の住宅部分を含む特定建築物の省エネ適合性判定を登録省エネ判定機関で行った場合、住宅部分に変更があった際の当該変更の提出はどこに行えば良いか。

回答をみる 回答をとじる
A

変更の内容が非住宅部分を含む場合は、変更後の省エネ計画を登録省エネ判定機関を経由して所管行政庁へ提出することになります。変更の内容が住宅部分のみの場合は、変更後の省エネ計画を直接所管行政庁に提出することとなります。

Q

テナント部分の設備機器等が設計時点で決定していない場合、どのように取り扱えば良いか。

回答をみる 回答をとじる
A

物販店舗や飲食店等のテナントの照明や空気調和設備等の工事については、完了検査時点で工事完了していないケースが想定されますが、省エネ適合性判定等において当該機器等が設置されないものとして判定を行っている場合にあっては、当該設備が設置されていない状態で完了検査を行うこととなります。一方で、完了検査時点で省エネ適合性判定等において設置しないものとした設備等が設置されていた場合、建築主は省エネ基準に係る計画変更もしくは軽微な変更に係る所定の手続きを行うこととなります。

Q

複合建築物における計画変更時の手続は、変更計画書の第一面の【計画変更の対象の範囲】により、以下の手続きを行うことでよいか。
①建物全体 及び 建築物の一部(非住宅部分)を含む 場合 省エネ適合性判定を行った機関に変更計画書、添付図書(変更に係る部分)を提出。
②建築物の一部(住宅部分)のみの場合 変更計画書、添付図書(変更に係る部分)を、直接所管行政庁に提出。

回答をみる 回答をとじる
A

貴見の通りです。

Q

適合性判定において、評価対象となる設備の設置がないため手続きのみが必要(計算は生じない)となる計画について、工事途中にテナントが決定するなどして、計算の必要が生じた場合、必要な手続きは以下のいずれになるか。
ただし、用途等その他の変更はないものとする。
①計画の根本的な変更に該当するため、当該工事着手までに計画変更手続きを行う。
②計画の根本的な変更に該当しないため、ルートCの手続きを行う。

以下「計画の根本的な変更」
(1) 建築物の用途の変更
(2) 計算方法(モデル建物法/標準入力法)の変更
(3) モデル建物法を適用する場合における一次エネルギー消費量モデル建築物(モデル建物)の変更

回答をみる 回答をとじる
A

①です。用途の変更等がない場合であっても、評価対象となる設備が設置され、新たに計算する必要が生じた場合は計画の根本的な変更に該当するものとし、計画変更の手続きが必要になります。

Q

適合性判定を受けた学校校舎(床面積が3,000㎡)の建築の工事中に、当該建築物の増床(4,000㎡の増床で合計7,000㎡になる。)の変更を行う場合、建築基準法上は計画変更の手続きを要するものであっても、計画の根本的な変更に該当しない限り、建築物省エネ法第12条第2項の計画の変更とはならず、同法施行規則第3条に規定する軽微な変更になると考えてよいか。また、モデル建物法による評価又は標準入力法による評価とも同じと考えてよいか。

回答をみる 回答をとじる
A

貴見のとおりです。また、モデル建物法による評価又は標準入力法による評価とも同じとなります。
この時、完了検査時において増床部分を含めて省エネ基準への適合(この場合はルートC)が求められるため、計画の変更の時点で申請者は、省エネ基準に適合をしていることの確認を行う必要があります。

Q

複合用途建築物について、建築基準法上の用途の変更があり、一部の用途がなくなる場合で、これに伴いモデル建物の一部が無くなる場合も「計画の根本的な変更」に該当するということで良いか。(例えば、物品販売業と飲食店の用途であったものが、テナントの決定により物品販売業のみになる場合等)

回答をみる 回答をとじる
A

複合用途建築物について、新たに用途が増えない場合(例のように、建築基準法上の一部の用途がなくなる変更やこれに伴い、モデル建物法のモデル建物の一部がなくなる変更)は、建築物省エネ法上の「計画の根本的な変更」に該当しません。

Q

確認申請上、建築物の用途の変更が生じた場合は「根本的な変更」として、省エネ適合性判定の計画変更が必要とされているが、以下①②それぞれの場合はいかがか。ただし、いずれも用途の変更以外の変更はないものとする。

①用途コードが同じ用途間の用途の変更(例:08456 理髪店⇒08456 クリーニング取次店)
②用途コードが異なるが、モデル建物が同じとなる変更 (例:08470 事務所⇒08458 サービス店舗(いずれも事務所モデル))

回答をみる 回答をとじる
A

①②いずれの場合においても、用途の変更以外の変更がない場合は、省エネ適合性判定の計画変更は不要です。

Q

設備の設置台数や仕様の変更が生じるが、明らかに計算に影響のない場合、軽微な変更の手続きは必要でしょうか。 例:洗面・手洗いに設置される給湯器が1機種のみ複数台であり、台数が増加する変更があるが、洗面・手洗いの給湯器の平均効率は変更とならない場合

回答をみる 回答をとじる
A

貴見のとおりです。計算が変更にならない場合でも、図面が変更となるため、手続きが必要になります。

Q

軽微変更ルートBのイ空気調和設備(イ)に記載されている「外壁」とは、「外壁、屋根、天井又は外気に接する床のそれぞれ」と解して良いか。

回答をみる 回答をとじる
A

貴見の通りです。

Q

軽微変更ルートBの適用可否を判断する変更前のBEIについて、省エネ基準を1割以上上回ることを確認するが、モデル建物法を適用した複数用途建築物の場合、建物全体で考えるのか。若しくはモデル建物ごとに考えるのか。また、設備ごとの増加率・低下率の確認は、どのように行なえばよいか。

回答をみる 回答をとじる
A

モデル建物ごとではなく、建物全体で省エネ基準を1割以上上回るものである場合に限り、モデル建物毎に入力確認シートを使用して適用の可否を判断することになります。結果、全モデルがルートBに該当する場合に限り適用することが可能です。
なお、計画の変更により適用するモデル建物が減少した場合は、建物全体のBEIに与える影響が不明であるため、ルートBを適用することはできず、ルートCとなります。

Q

軽微変更ルートBの各設備の範囲については、標準入力法においても適用可能か。

回答をみる 回答をとじる
A

ルートBの各項目はモデル建物法を前提に考えられているため、標準入力法においては確認することが難しい項目が存在します。また、モデル建物法のように容易に判断できるツールが現状整っていないため、当面の間、標準入力法においてルートBの適用は不可となります。

Q

適合判定通知書の交付と軽微変更該当証明書の取得に一定の期間があり、WEBプログラムのバージョン変更があった場合、軽微変更該当証明申請書に添付する計算書は適合判定時のWEBプログラムを使用してもよいか。

回答をみる 回答をとじる
A

貴見のとおりです。ただし、申請時点で使用できるWEBプログラムは、「建築物のエネルギー消費性能に関する技術情報のページ」に公開されているWEBプログラムのバージョンに限られます。

中間検査

Q

省エネ適合性判定を受ける物件は中間検査時に省エネ基準に関する内容も検査を受けることになるのか。

回答をみる 回答をとじる
A

省エネ基準については、中間検査での確認は不要です。

増改築

Q

適合義務の対象となる増改築工事にあたっては、増改築部分のみ基準に適合していれば良く、既存部分の省エネ改修は不要と考えて良いか。また、増改築を除く大規模改修等(外壁・サッシ改修等)は、適合義務制度の対象となるのか。

回答をみる 回答をとじる
A

建築物全体として省エネ基準への適合が必要です。なお、平成28年4月1日時点で存する建築物の場合、省エネ基準の水準はBEI=1.1となります。その際、必ずしも既存部分の省エネ改修は必須ではありませんが、建築物全体としての省エネ基準適合のため、既存部分の省エネ化についてもご検討いただくことが考えられます。また、既存部分について省エネ評価を行わない場合は、既存部分のBEIは1.2とみなして計算頂くことが可能です。
また、増改築を除く大規模改修等(外壁・サッシ改修等)は、適合義務制度の対象とはなりません。

Q

2年以内施行後は、住宅についても、300㎡以上の増改築は適合義務対象になるのか。

回答をみる 回答をとじる
A

住宅については、300㎡以上の増改築を含め、引き続き届出義務制度の対象となります。

Q

登録省エネ判定機関へ複合建築物(住宅部分の床面積が300㎡(高い開放性がある部分を除く)以上)の省エネ適合性判定の依頼があった場合は、住宅部分の図書等を所管行政庁へ送付することになっているが、増改築の場合は、増改築部分の住宅部分が300㎡(高い開放性がある部分を除く)以上ある場合にのみ送付の必要性があると解して良いか。

回答をみる 回答をとじる
A

貴見の通りです。

Q

省エネ基準への不適合状態にある既存建築物は、どういう扱いを受けるのか。

回答をみる 回答をとじる
A

既存建築物については、増改築を行う場合に、その規模に応じて、適合義務制度、届出義務制度、説明義務制度等の手続きが必要となります。

Q

附則第3条による特定増改築について、審査方法・審査基準について解説願いたい。

回答をみる 回答をとじる
A

附則3条による特例とは、平成29年4月1日時点で現に存する建築物について増改築を行う場合において、増改築部分の床面積の増改築後の建築物全体の床面積の割合が、政令で定める範囲(1/2以下)である増改築(特定増改築)については、適合義務・適合性判定等に係る規定(第3章1節)を適用せず、届出義務制度を適用するものです。
審査方法については法第19条の省エネ届出に係るものと同じです。なお、平成28年4月1日時点で現に存する建築物の場合、外皮基準への適合が除外され、新築の一次エネルギー消費量の基準よりも1割緩和された基準値への適合を求めております。

Q

平成29年4月施行の際に現に存する建築物の増改築について、複数回にわたり増築をくり返し最終的に特定増改築に該当しなくなった場合、適合義務が発生すると考えてよろしいか。

回答をみる 回答をとじる
A

一回の増築毎に、特定建築行為に該当するかどうか、該当する場合は特定増改築に該当するかどうかを判断し、特定増改築に該当しない場合は省エネ基準適合義務の対象となります。

スケジュール

Q

300㎡以上の非住宅建築物は、2年以内施行日前後の何を起点に適合義務制度の対象となるのか。

回答をみる 回答をとじる
A

施行日までに届出を未実施でかつ、施行日以降に確認申請を行う建築物が対象となります。

Q

300㎡以上の非住宅建築物について、2年以内施行日前に届出済のものは、同日以降に確認申請等を行う場合においても、適合義務制度の対象外と考えてよいか。

回答をみる 回答をとじる
A

貴見の通りです。確認申請書第2面8欄「提出不要」に「レ」マークを入れ、2年以内施行日前に届出済である旨同欄に記載して下さい。

Q

300㎡以上の非住宅建築物について、確認申請日が2年以内施行日より前で、着工が施行日より21日以上先の場合、2年以内施行日時点で届出がされておらず、かつ、確認済証の交付前である場合、省エネ適合性判定は必要になるか。

回答をみる 回答をとじる
A

2年以内施行日前に確認申請を行えば、省エネ適合性判定は必要ありません。ただし、着工の21日前までに届出を行う必要があり、届出を行わなかった場合等は罰則の対象となります。

Q

300㎡以上の非住宅建築物について、2年以内施行日以前に確認申請を提出し、確認済証を取得したが、2年以内施行日後に計画変更に係る確認申請が必要となった場合、規制措置も適用となるか。

回答をみる 回答をとじる
A

2年以内施行日前に確認申請が行われた建築物は、規制措置の対象とはなりません。その後、建築基準法に基づく計画変更を行った場合も規制措置の対象となりません。

Q

前問に関して、「確認申請」とありますが、確認申請の受付日か。もしくは確認済証の交付日か。

回答をみる 回答をとじる
A

確認申請の受付日となります。

Q

300㎡以上の非住宅建築物について、2年以内施行日前に確認申請を行った物件について、施行後に完了検査を受ける場合、同検査時において省エネ基準への適否は審査されるのか。

回答をみる 回答をとじる
A

経過措置として、中規模建築物への適合義務化の対象が施行される前に届出又は確認申請がされた建築物は、完了検査含め適合義務制度の対象から除外されます。

Q

現在、仮使用認定をうけている建物、または全体計画認定等の中規模建物で法改正施工後に完了検査を受ける場合、適合義務が生じるのか。

回答をみる 回答をとじる
A

現在仮使用認定を受けている場合、その前段階として確認済証も交付されているため、施行後に完了検査を受ける場合も適合義務制度の対象とはなりません。
既存建築物の増改築を行う際に全体計画認定を受けようとしている又は受けている建築物について行う特定建築行為(特定増改築に該当する場合を除く)の場合、施行日までに届出を未実施でかつ、施行日以降に確認申請を行う場合には、適合義務制度の対象となります。

その他

Q

中規模の住宅建築物が省エネ基準適合義務の対象となるが、対応は大規模の非住宅建築物と同等となるのか。合理化の余地はあるか。

回答をみる 回答をとじる
A

施行とあわせた合理化措置はありませんが、既に公開済みの設計・監理資料集について、中規模建築物の事例を公開しています。
http://www.ibec.or.jp/ee_standard/pamphlet.html

Q

適合義務制度において伝統的木造住宅に対する省エネ適合性判定や基準の緩和はあるのか。また、今後、非住宅の伝統的木造について緩和措置される予定はあるのか。

回答をみる 回答をとじる
A

本法で適合義務化されるのは中規模非住宅建築物であり、住宅については適合義務対象外です。なお、住宅の届出に係る省エネ基準の適用において、地域の気候・風土に応じた住宅の基準に適合している場合には、合理化された基準が適用されます。
なお、非住宅建築物については、同様の措置を行う予定はありません。